マンション査定の前に行うリフォームは無意味

室内の状態が良ければ高く売ることができます

不動産売却時のマンション査定では、室内の状態も重要なポイントです。
立地や建物の築年数などさまざまな要因も重要ですが、室内の状態が良ければ高く売ることができます。
そのため仲介会社のスタッフが訪れる前には、室内を大掃除して汚れを綺麗に落とそうとするかもしれません。
掃除をするときに特に注意しておきたいのは、洗面所やトイレなどの水廻りです。
水廻りには水垢など頑固な汚れが多く、簡単に落とすことができません。
こまめなお掃除をサボっているとこびりついてさらに落ちにくくなりますから、マイナスの評価になる可能性があります。
また汚れとともに気をつけておきたいのが、室内の臭いです。
一般的な生活の範囲で発生する臭いは仕方がありませんが、室内でペットを飼っていたりたばこを吸っていたりすると、気になる臭いがこびりつき評価はマイナスになります。
たばこはクロスにヤニがこびりついて黄ばみの原因になりますから、価値を維持し続けたいなら室内での喫煙は避けるべきでしょう。
大掃除をして汚れ落としたり丁寧な換気をして臭いを消し去ったら、査定でマイナスになる要因は消せたと思うかもしれません。
しかし自分でできる掃除には限界があり、また個人が落とせる程度の汚れや臭いならあとから業者に頼めば簡単にできるので、実はあまり意味がないとされています。
もっと本格的に汚れを落として良好な状態にするためには、マンション売却をする前にリフォームを考える人もいるでしょう。
リフォームをすれば室内は新築同然の綺麗な状態になるので、汚れや臭いがマイナスになる可能性はほぼありません。

室内の状態が良ければ高く売ることができます人気が出る間取りにすれば査定額がアップする可能性もある日頃から大切に生活することが価格アップの秘訣

マンション査定 /